SEOだけで稼げると思うな!検索エンジン以外のアクセスを確保すべき理由とは?

あなたは、SEO(検索エンジン上位表示対策)ができれば、それだけで稼げるようになると思っていないでしょうか?

SEO信者といいますか、SEOができる=稼げる、という固定観念を持ってしまうと、アフィリエイターにとっては自分の首を絞めることにつながってしまうことがあります。

もちろん、アフィリエイトのサイト作りでも、検索エンジンが主要なアクセス元であることは、否定しません。

ヤフーやグーグルという2大検索エンジンを無視して大量のアクセスを集めることは、現在のインターネット環境では考えにくいことです。

しかし、だからといって、検索エンジンからのアクセスに100%依存することは、安定的稼ぐという観点からは、リスクのあることなのです。

たとえ、1~2割でも、検索エンジン以外からのアクセスを得られるように、始めから方策をたてるべきです。

というのは、検索エンジンには常に「変動」というものがあるからです。

表示順位の変動という意味だけではありません。「インデックス削除」といって、あなたのサイトが、検索エンジンのデータベースから突然削除されて、一切アクセスが来なくなるということも起きます。
複数のサイトを量産していく私たちアフィリエイターは、検索エンジンの「変動」の影響を受けることを避けられません。

しかし、アクセスを100%検索エンジンに依存していると、その「変動」の影響をモロに受けてしまうのです。

もちろん、順位が上がるなど、良い方向(アクセスが増える方向)に「変動」することもあるでしょう。しかし、逆に、悪い方向への「変動」も起こります。

検索エンジンがいつどのように「変動」するのか、それは私たちアフィリエイターのコントロール外にあります。どうすることもできません。

しかし、検索エンジンがどのように「変動」しようとも、安定的にアクセスを得られるような対策を、あらかじめしておくことはできるのです。

それが検索エンジン以外からもアクセスを集めることです。

私が学んでいるアフィリエイトのK塾では、検索エンジン以外からもアクセスを集める方法を学んでいきます。

実はその方法は意外と多くあるのです。

たとえば、

・ブログ検索サイト
・各ブログサービスに備わっているテーマ投稿やタグなど
・ブログランキングサイト
・SEOパーツやreach WORDといったパーツ系からのアクセス
・自分の他サイトからのリンク
・お気に入りへの登録(リピーター対策)
・ツイッター
・フェイスブック
・メルマガからのアクセス

などになります。

コメントは受け付けていません。