怠るとすべてを失うかも!アフィリエイトにおけるサーバー分散とは?

サーバーとは、ものすごくシンプルにいえば、ウェブサイト用のスペースのことだとお考えください。

 

インターネット上の「土地」のようなものですね。

 

稼いでいる金額が多いアフィリエイターほど、利用するサーバー会社を分散しています。

 

ASPと同じく、サーバー会社にも倒産やサービス停止はありえますし、障害の発生やデータ消失などの可能性もあります。

 

サーバーが使えなくなるということは、アフィリエイターにとっては、拠って立つ土地が奪われることと同義です。

 

これまでに作成したウェブサイト群が、すべてムダになってしまう可能性すらあります。

 

また、検索エンジン対策という意味でも、サーバー会社を分散しておくことには大きな意味があります。

 

検索エンジンが、ある特定のサーバー会社に対して不利となるような
(たとえば、表示順位を下げるような設定)設定を行ったとします。

 

もし、あなたがそのサーバー会社だけしか利用していなかったらどうなるでしょう?

 

手持ちのアフィリエイトサイトすべてのアクセスが減り、報酬全体に壊滅的な打撃を受けることになります。

 

サーバー会社がサービスを停止したり、また、検索エンジンの設定が私たちにとって不利に変わることは避けられないことです。

 

それらの現象は私たちのコントロール外のことだからです。

 

しかし、事前にダメージを小さくするように対策しておくことはできます。

 

その方法の1つがサーバー会社の分散です。

 

特定のサーバー会社に依存するのではなく、早い段階から、利用するサーバー会社を分散しておきましょう。

 

※アフィリエイターがよく使うレンタルサーバー会社

・ロリポップ
・XREA
・COREサーバー
・エックスサーバー
・さくらインターネット
・ネットオウル
・ハッスルサーバー
・ラクサバ
・ヘテムル
・クイッカ

 

1つのサーバー会社で100万円稼いでいる人より、10個のサーバー会社で100万円稼いでいる人の方が強いのです。

 

前者は、そのサーバー会社に何かあれば、すべての報酬が吹き飛んでしまいます。

 

それに対し、後者は、仮に1つ2つのサーバー会社からの報酬がゼロになっても、報酬全体が壊滅的な打撃を受けないですみます。

 

これがサーバー会社の分散という意味になります。

コメントは受け付けていません。