権利収入って何?アフィリエイトで得られる収入の性質とは?

一般に、収入には以下の2つのタイプがあると思います。

①労働収入
②権利収入(不労収入)

の2つです。

①の労働収入とは、労働の対価として、一回きり支払われるものです。
(アルバイトの時給や、サラリーマンの月給など)

労働収入は、何らかの理由(病気やケガを含むあらゆる理由を含みます)で、労働の提供ができなくなった瞬間に、収入自体がストップしてしまうという特徴があります。

これに対して、②の権利収入は、過去の労働から生まれる成果に対する対価として、継続的に支払われるものです(作詞家や作曲家、小説家などの印税収入など)。

過去に行った労働が、持続的・継続的に、権利を所有する者に収入をもたらすのです。

※厳密に言えば、権利収入には、金利による収入など、労働の対価とは言えないものも含まれますが、ここでは本題から外れるため、説明を省略いたします。

アフィリエイトの報酬には、②の権利収入的な性格があります。サイト作りを本格的に始める前に、私たちアフィリエイターはそのことを知っておくべきです。

そして、それを実際のアフィリエイトサイト作りの指針として生かすべきなのです。

アフィリエイトのサイトは、押さえるべきポイントを間違わず、適度なメンテナンスを怠らなければ、数年以上にわたってアクセスを集め続け、その結果、サイトのオーナーにアフィリエイト報酬をもたらし続けます。

過去に行った労働が、持続的・継続的に収入をもたらすという点で、アフィリエイトの報酬は、権利収入的なのです。

アフィリエイトで稼いでいる人と話をしていると、「2007年に作ったサイトが今でも稼いでいる」「5年前に作ったサイトに今でもかなりのアクセスがある」というようなセリフをよく聞きます。

私が作成したサイトの中でも、2005年頃から現在までアクセスを稼ぎ続けているサイトもあります。

アフィリエイター歴が長くなるほど、このようなサイト(長期間にわたってアフィリエイト報酬を稼ぎ続けてくれるサイト)の数が、少しずつ増えていきます。

私たちアフィリエイターは、このような寿命の長い(長くアフィリエイト報酬を稼ぎ続けてくれるという意味です)アフィリエイトサイト群を構築するべきなのです。

そうすることによって、一時の労働収入ではない、権利収入的な収入を得られます。

なお、寿命の長いサイトには、3つの特徴がありますので、覚えておいてください。

①     まず、ユーザーに役立つサイトであること。

→コンテンツが豊富である、利便性が高い、役に立つ情報、貴重な情報、珍しい情報が載っている、オリジナリティのあるコンテンツ、などの条件のうち、1つ以上該当する必要があります。

②  そして、そのサイトへのリンクの道筋が、自然で、分散的で、多数あること。

→他サイトからのリンクというのは、いわば、人気投票のようなものです。ですから、リンクの道筋が、自然であること(人為的ではない=何らかの偏りが無い、という意味です)、分散的であること(時間的、空間的)、多数あることは、多くの人から支持を受けている良質なサイトであるという評価を検索エンジンは行います。そして、それが長期に渡って一定の表示順位をキープすることにつながります。

③  適度に更新がなされていること。

検索エンジンは、常に最新の情報を提供し続けなれば、ユーザーからの信用を失ってしまいます。
そのため、検索エンジンは、適度に更新がなされているサイトのことを、(更新がなされていないサイトよりも)高く評価する傾向があります。

上記の「寿命の長いサイト」の作り方と、巷にあふれているノウハウを比較してみてください。

「誰でもすぐに稼げるようになります」
「1日たった●分の作業で稼げます」
「初心者でもカンタンに稼げます」

いかにも、インスタントというか、短期間での稼ぎを煽る、安易な発想のサイト作りを薦めるものばかりです。

こういうガセ情報に心を奪われないようにしてください。このようなノウハウを提唱する者たちは、権利収入というアフィリエイトの収入の質を理解していないのです。

短期間しか稼げないノウハウを使ってアフィリエイトサイト作りをしても、一時的に稼げる時期もあるかもしれません。

しかし、安易なやり方で作られた1つ1つのサイトは、長くアクセスを集め続けるような寿命が長いサイトになる確率は低くなるはずです。

すると、新しく作っては、すぐに使い潰すという悪循環が始まってしまいます。

それにハマってしまうと、入ってくる収入の性質が労働収入と変わりがなくなります。アフィリエイトの特長である権利収入的な収入を積み上げていくことができません。

1つのサイトから、できるかぎり長期間にわたって収入が発生するように工夫する。

これこそが長期的・安定的に稼ぎ続けるアフィリエイターのとるべき方針であり、私たちK塾生は、実際にそのようにサイト作りを行っています。

コメントは受け付けていません。