アフィリエイトにおけるping送信とは?

アフィリエイトにとって重要なPing(ピン、又は、ピングと読みます)についてお伝えします。

 

主要な検索エンジンはご存知ですね?

 

Google、Yahoo!、MSNなどのことです。

 

ほとんどの人がこれらのサービスを使っていることは言うまでもありません。

 

しかし、世の中にはこれらの他にも検索エンジンと似たような機能を果たしているサービスがたくさんあるのです。

 

たとえば、

・ブログ専用の検索サービス
・ブログの情報を集めているポータルサイト
・ブログランキングサイト

などのことです。

 

普段はGoogleなどの主要な検索エンジンを使っていても、時と場合によっては、検索エンジン以外のサービスを使って、欲しい情報を探している人は、実はたくさんいるのです。

 

だとすれば、自分の作成した記事を、これらのサービスに表示するようにしたいですよね。

 

そのために使うのがPingという仕組みになります。

 

Pingという仕組みを使えば、検索エンジンはもちろんのこと、ブログ検索サービス、ポータルサイト、ランキングサイトなどに、自分のサイトが更新されました!という通知をすることができるのです。

 

そのことを、「Pingを打つ」、「Ping送信する」などといいます。

 

では、どうすればPing送信をすることができるのでしょう?

 

実は、ほとんどの無料ブログサービスには、Ping送信機能が付いています。

 

しかし、これには問題があります。

 

正しくping送信できる場合と、出来ない場合があるのです。つまり、精度が低いのです。

 

無料ブログサービスには多くの人が参加していますから、容量の問題や回線の問題で、エラーが多いからだと思われます。

しかし、せっかくサイト更新をしたのなら、正しくping送信したいですよね。

 

では、プロのアフィリエイターがどのようにping送信しているかと言うと、定評のある有料の「ping送信サービス」又は「ping送信ツール」を使うのです。

 

たとえば、

・RCT ping送信サービス

・Zepping X(ツール)

・pingool(ツール)

 

などが有名です。

 

※無料のサービスやツールもありますが、精度が悪く、おすすめしません。

 

これらに自分のサイトを登録しておけば、更新された時に、自動でping送信されるように設定しておくことができます。

 

みなさんもアフィリエイトを始めてブログを持つようになったら、必ず正しくping送信できる環境を整えるようにしてください。

 

正しいping送信の環境を持っているかどうかが、プロとアマの違いになります。よく覚えておいて下さい。

コメントは受け付けていません。