アフィリエイトとはそもそもどのような仕事なのか?

これから始めようとしているアフィリエイトとはいったいどのような仕事なのでしょうか。

 

それは、端的に言えば、

 

「お客さんを探している商品・サービスの売り手(販売者)」と

「その商品を探している買い手(お客さん)」を結びつける仕事です。

 

売り手は、できるだけ多くの人に自分の売っている商品・サービスを見てもらいたい・知ってもらいたい売り上げを伸ばしたいと思っています。

 

しかし、インターネット上にはライバル会社も多いですし、自社ホームページや販売サイトを多くのお客さんに見てもらうということはSEO対策やマーケティングなど、ある意味では特殊な技術と知識、そして費用が必要になるため、なかなか思うような成果があげられずにいます。

 

「売りたいものがあるのに、思ったようにお客さんが集まってくれない」
という悩みがあるわけです。

 

一方、買い手側はどうでしょう。

 

買い手側は、自分に最適な商品・サービスをインターネット上で時間と労力をかけて探し求めています。

 

しかし、インターネット上には情報があふれすぎています。

 

その情報の洪水の中から、自分にふさわしい商品・サービスを短時間で探し当て、安心・納得してショッピングを行うことはカンタンではありません。

 

アフィリエイトに取り組もうという人は、ある程度パソコンやインターネットを使い慣れている人が多いでしょうから、なかなか実感が湧かないかもしれませんが、世の中のかなりの割合の方は、インターネットリテラシー(インターネットとを使いこなす能力のこと)がそれほど高くない人々なのです。

 

今、この瞬間も世界中で多くの人々が、買いたいもの・利用したいサービスを探しもとめて、うろうろとインターネット上を時間と労力をかけてさまよっています。

 

「買いたいものがあるのに、見つからない・どこを探してよいかわからない」という不便な状態があるわけです。

 

「売りたいものがあるのに、思ったようにお客さんが集まってくれない」売り手と、「買いたいものがあるのに、見つからない・どこを探してよいかわからない」買い手を結びつける役割を果たすのが、私たちが作るアフィリエイトサイトなのです。

 

私たちアフィリエイターのおかげでどれだけの貢献を社会に提供しているのでしょうか。

 

アフィリエイターは、どれほどの売り上げ増加を売り手側にもたらしているでしょうか。

 

アフィリエイターは、どれほどの時間短縮と労力軽減を買い手側にもたらしているでしょうか。

 

(上記以外にもありますが)アフィリエイトは、社会に利益をもたらす、そして、だれからも感謝される、すばらしい仕事なのです。

 

この価値を、これからアフィリエイトを始めようとするあなたは理解している必要があると、私は思います。

コメントは受け付けていません。